2018年01月29日

ブロック塀改修4

ブロック塀改修工事で新しいフェンスを立てる基礎と
雨水を流す水路が出来上がりました。


これまでの工程を簡単にご紹介



既存のブロック塀を取り壊し

DSCF1543.jpg




頑丈に作られていた基礎と水路を取り壊し

DSCF1544.jpg




鉄筋を入れた型枠を作って生コンを流し込んで

DSCF1559.jpg

DSCF1560.jpg




コンクリートが固まったあとで型枠を外すと

DSCF1564.jpg




綺麗な水路と基礎が出来上がりました。

DSCF1562.jpg




フェンスを立てる穴もできています。

DSCF1565.jpg




あとはフェンスの設置を残すのみ。

DSCF1566.jpg
(フェンスの色見本)




寒い中、子どもたちの安全に気を配りながら
働いてくださっている工事関係の方々に感謝です。

<今特 タ>
posted by 愛媛県学校事務 at 00:00| Comment(2) | 日記

2018年01月23日

ブロック塀改修3

ブロック塀改修工事に伴い工事区間の囲いをしたところ

DSCF1514.jpg




桜の木の根が車の通行の支障になることが判明

DSCF1520.jpg




結構邪魔なうえ夜は見えないので
車が突っ込む恐れがありかなり危険

DSCF1521.jpg




撤去する必要がありますが業者に頼む予算はない。



ということでいつものやつです(笑




始めは手で掘ろうと思っていましたが、


パワーショベルの免許を持っている先生がいたので
ユンボを借りて自分たちで撤去しました。

DSCF1518.jpg

DSCF1524.jpg




当たり前ですが手で掘るよりも早いです。

DSCF1526.jpg




あっという間に掘り出され

DSCF1527.jpg




きれいな更地になりました。

DSCF1528.jpg




他の場所にも何カ所か邪魔な切り株があったので
せっかくなのでそれらも撤去

DSCF1530.jpg




車をおける場所が増えたので感謝されました。




ブロック塀の工事は順調に進んでいます。

DSCF1543.jpg




2月末には完成予定

DSCF1544.jpg




完成が待ち遠しいです。

<今特 タ>

posted by 愛媛県学校事務 at 00:00| Comment(2) | 日記

2017年12月28日

ガジェット紹介

最近手に入れた面白いガジェットを
2つ紹介します。


まず一つ目はこれ

IMG_6696.jpg

IMG_6697.jpg




クロームキャストです。

テレビのHDMI端子に接続してスマホやパソコンと連携すれば
youtubeなどの動画をテレビで見ることができます。

一度接続すれば同じネットワーク上にある端末ならどれでも
テレビに映すことができるので超便利

値段は4〜5千円ほどです。

同じようなものでAmazonの「Fire TV Stick」というがあり
こちらも似たような値段と性能です。

大きな違いは以下の点ですので買うときの参考にしてください。

クロームキャスト → アマゾンプレミアムの動画が視聴不可
「Fire TV Stick」 → youtubeの動画が視聴不可



もう一つがこれ

IMG_6995.jpg




ファーウェイから発売されているリストバンド型活動量計


スマホと連携する点ではスマートウォッチと似ていますが、
万歩計の進化系といったほうがイメージしやすいと思います。


時計機能はもちろんですがスマホへの電話やメール、
ラインの着信を振動とモニターで知らせてくれます。



主な機能は活動量計なので、着用している間の歩数や心拍を
常時記録してくれており、記録したデータはスマホアプリに
蓄積されていきます。



たとえば散歩で歩いた距離やコース

IMG_7004.jpg

IMG_7003.jpg





心拍数の変化

IMG_7005.jpg




そして睡眠時間と睡眠の質なんかも測定くれています。

IMG_7006.jpg



何よりも優れているのがバッテリーの持続時間

買ってから三日目間、ほぼ着けっぱなしにしていますが
バッテリーがまだ90%までしか減っていません。


商品名は「HUAWEI Band2Pro」で値段は9,000円前後

GPS機能が必要なければ4,000円前後です。

僕はGPS付きの機種を買いましたが、正直必要なかったと
思っています。


ということで今年のブログはこれでおしまい。

良いお年をお迎えくださいませ。

<今特 タ>

posted by 愛媛県学校事務 at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年11月30日

オイルタンク(設置編)

今回購入したオイルタンク(198リットル)


消防署への設置の届出は不要ですが、
条例に基づき正しく設置し管理しなければなりません。


ということで本校業務員であるTさんが施工した
タンクの設置方法を紹介します。



給油口と

DSCF1456.jpg




注ぎ口は

DSCF1458.jpg



施錠でガッチリとガード




転倒防止措置として
脚はコンクリートブロックに固定

DSCF1465.jpg




なおかつ本体を鎖で壁面に固定

DSCF1463.jpg




雨ざらしにならないよう
フレームを組んで骨組みを作り

DSCF1469.jpg




屋根も付けてくれました。

DSCF1467.jpg




そして完成したのがこちら

DSCF1466.jpg




費用はタンク代と設置用雑材で約40,000円でした。


ポンプでシュポシュポしなくてもコックをひねるだけで
灯油が出てくるので給油がとても楽になりました。


<今特 タ>

posted by 愛媛県学校事務 at 07:30| Comment(0) | 日記

オイルタンク(法令編)

冬場の暖房用として灯油の購入が始まります。

昨年まではポリタンクで貯蔵していたようですが、
今年はオイルタンクを購入しました。


ホームセンターで買ったオイルタンク
(約25,000円)

DSCF1455.jpg
(容量 198リットル ← これが重要)



ここで解説

<なぜ198リットルなの?>

灯油等の危険物を貯蔵する場合、
消防法の規制を受ける量が指定されています。
(これを指定数量といい灯油は1000ℓ以上となっている)


指定数量以上を貯蔵する場合は消防法の規制により
取扱いには危険物取扱者が必要となったり、
指定された貯蔵所以外の場所に保管したりできません。


ならば指定数量未満であれば自由でいいのかというと
それも違います。


今度は少量危険物ということとになり市町村条例の
規制がかかります。


所属する自治体の条例や施行規則で取扱い方法や
保管方法などが決めらるようになる。

たとえば今治市だとこちら
  ↓
今治市火災予防条例


これによると灯油の場合、指定数量の5分の1以上の量を
貯蔵する際には消防署への届出が必要となっています。

灯油の指定数量は1000リットルなので
届出が必要な量は200リットルになる。


今回購入したタンクは198リットルなので
消防署への届出は不要となるため
メーカーがあえてこの容量のタンクを製造しています。
(届出が必要な量は自治体によって違います)


長くなったので続きはまた。

こんどは設置編となります。

<今特 タ>

posted by 愛媛県学校事務 at 00:00| Comment(0) | 日記